店番長

接骨院グループ

スマイルアンドサンキュー株式会社

業務指示の質と量が改善し店舗負荷を軽減


スマイルアンドサンキュー株式会社
代表取締役社長 久保田明史様

店舗数
グループ整骨院31院(2017年12月1日 現在)
事業内容
東京23区、調布市、神奈川県に複数の整骨院、治療院を経営している整骨院グループです。
今までの整骨院の常識を越えた「感動の治療」を患者様に提供し、「地域で1番患者様に支持される院」を目指しています。

店番長を採用された理由について教えてください。

基本として、多店舗経営を行っている以上、例えば会議等で決められたことを、決められた品質で、全院(店舗)が実行することが大事だと考えています。『店番長』を導入した当時、14店舗抱えていましたが、これ以上店舗を増やしたら管理ができなくなると感じていました。
例えば、本部からの指示に関しても、院(店舗)のスタッフに悪気はないのですが、単純に忘れてしまい実行できなかったとか、実行したという報告があっても、実際に院(店舗)に訪問すると、品質が伴っていないということもありました。また、院(店舗)から報告を返してもらっても、本部側としては集計を行う手間が多く、業務の負担になっていました。

店番長導入の効果について教えてください。

『店番長』を利用するようになり、業務指示を出す際も、慎重に業務指示を書くようになりました。当たり前のことですが、「なにをどうしてほしいのか」「いつまでにしてほしいのか」「どのように返信してほしいのか」など、院(店舗)のスタッフにとって分かりやすい業務指示を心掛けるようになりました。
また業務指示の内容、量が見える化できたことで店舗負荷を考慮した指示出しのタイミング、指示量を考えるようになりました。その結果、全体として実行力が20ポイントほど上昇させることができ、今では実行力80%程度まで来ています。

上記は抜粋となります。さらに詳しい事例の情報をご希望の方は、事例資料詳細をご覧ください。

資料ダウンロードフォーム

ダウンロードをご希望の方は、次のフォームに必要事項をご記入の上、「ダウンロード申し込み」ボタンを押してください。