店番長

店番長

指示→実行→確認のサイクルが実行力を高め多店舗経営を強くします。

店番長は、業務指示を軸とした本部と店舗のコミュニケーション課題を解決します。 日々、本部から店舗へ発信される業務指示は、店番長を使うことで自然と仕組みが構築され、無理なく実施することができます。

業績のよいチェーン店と悪いチェーン店とで、行っている業務に大きな差はりません。しかし、結果に大きな差が生じているのはなぜでしょうか。

チェーン店を取り巻く環境では、年々人手不足が深刻化しています。その為、業務効率を上げ、今まで以上の生産性が求められる中、従来のメールやFAXなどの方法だけでは改善にも限界があります。

店舗の実行力UP、売上UPを実現する
さまざまな『店番長』の機能・特長

店番長の基本は、双方向の通達(指示)・報告(回答)が円滑に行えるようになることです。
PDCAを回すことで、店舗の実行力がアップし、売上がアップします。

本部が実行力・店舗負荷・進捗状況をリアルタイムに把握することで、放置せずタイムリーに適切な支援を行うことが可能になります。

複雑な操作は一切ありません。店舗スタッフはタブレットですぐに操作できます。写真のレポートも簡単。本部の集計業務もはかどります。