店番長

チェーンストア経営に「実行力」が大切な理由

チェーン店への指示は一般的に40%しか実行されていない。

業績のよいチェーン店と悪いチェーン店とで、行っている業務に大きな差はりません。しかし、結果に大きな差が生じているのはなぜでしょうか。その要因は「実行力」にあります。同じ業務でも実行力が低ければ、業績はおのずと低くなってしまいます。チェーンストア業界において本部から出される業務指示に対する実行力は一般的に40%程度と言われています。

実行力を上げ、業績を上げるには、指示を徹底できる仕組みを構築すること。

チェーン店の運営には、チェーン店に特化した仕組みづくりが不可欠です。従来のままの連絡手段で漫然と指示が出し続けられれば、店舗は混乱し、本部は店舗の実行状況がわからないまま、価値の低い定型業務が義務的に続けられることになります。業績のよいチェーン店企業は、指示を徹底し、店舗の実行力を最大限に引き出し、そのうえ店舗や本部の負担も軽減し、成果を上げる方法を知っています。

店番長が店舗の指示実行を見える化し、チェーン店の課題を解決。

「店番長」は、本部から店舗へ向けた業務指示の実行管理に特化したクラウド型の多店舗向けシステム。本部と店舗の円滑なコミュニケーションを促進し、店舗運営を強力に支援。店舗の実行力を100%引き出し、売上アップに貢献します。