店番長

分析・見える化

店番長で業務の実施状況を多面的に分析しましょう。
見える化することで、本部は指示の実行力を店舗ごとに把握でき、適切な支援や業務の平準化を行うことが可能になります。

実行力の見える化

analytics_1.jpg

店舗別・エリア別・業務指示別の実行力をグラフ化し、比較や推移を分析することができます。店舗別の実施結果が見える化されることで、店舗毎に発生するバラツキを修正し、ガバナンスを高めることができます。
また店舗スタッフの一番の不満は、実行したのに本部や評価者が見てくれないこと。店舗がきちんと実行している事実を理解し、評価できる指標が加わります。

店舗負荷の見える化

analytics_2.jpg

業務指示の進行状況が見える化されることで、店舗にかかっている負荷の状況を把握し、業務指示のタイミングや優先度付け、同時に依頼する数などを調整することができます。

進捗状況の見える化

analytics_3.jpg

指示の進捗が見える化されることで、確認や催促で本部・店舗双方に発生する無駄な作業を削減することができます。