店番長

エリアマネージャーの臨店時間の質を向上させる

このベストプラクティスの概要:

  • エリアマネージャーが臨店しても改善が進まないのは常に時間が確保しづらいため
  • 臨店前に、写真や日報の報告を集め、各店舗の提出状況を確認できれば臨店時に効率的に動ける
  • 店番長では担当エリアの店舗状況をいつでも瞬時に確認でき、臨店前に指導内容を準備する際に役立つ

エリアマネージャーの臨店時、指導に十分な時間を取れない

今回は「エリアマネージャーが臨店時に、貴重な時間の大部分を現状把握や問題の洗い出しに割いてしまい、対策やスタッフへの指導に十分な時間を取れない」という課題を考えてみたいと思います。

エリアマネージャーが臨店時、店舗に対して「あれができていない」「これができていない」という現状課題の指摘しかできず、「こう改善しよう」という効果的な対策にまで至って指導できていないことは、ままある光景だと思います。
これが日常化してしまい、定期的にエリアマネージャーが巡回し臨店しているにもかかわらず、なかなか店舗運営の改善が進まないというお声を頂きます。

なぜこのような事態となってしまうのでしょうか。

短時間でも集中的にコミュニケーションするには事前の情報収集が大切

もし、エリアマネージャーに十分な時間があれば、自身が担当するすべての店舗に対して、じっくり丁寧に対応することできますが、実際は、担当する店舗数が多かったり移動時間が長かったりすることによって、臨店時に十分な時間を取れないのが現実です。

となると、どうすれば限られた時間で正確に店舗の状況を見極め、臨店時に適切な指導ができるようになるでしょうか?

そこで例えば、エリアマネージャーが事前に確認できる各店舗の情報を増やし、臨店時には短時間で気になるポイントを優先的に確認できたらいかがでしょうか。より多くの時間をスタッフに指導するコミュニケーションに割けるのではないでしょうか?
写真による報告や日報の確認がそうした情報になり、これが簡単に収集できればエリアマネージャー は効率的に巡回を行えます。また自分以外の本部スタッフが出している依頼への提出物が滞っている、という情報もSOSサインの一つになります。

店番長はエリア内の店舗状況を一括で閲覧することができる

店番長では、エリア内の店舗で滞留してしまっている業務指示の件数や、期日超え/本日期限の業務指示件数などを一画面で確認でき、各店舗の「負荷状況」を直観的に確認することができます。件数だけでなく「店舗で未対応の指示」をワンクリックで簡単に一覧表示することも可能です。

エリアマネージャーが臨店する前に、写真や日報で状況を確認したり、それらが提出されていない状況をスマホで出先から素早く確認し、具体的にどんな指示が実行できていなかったのか理解していると、その店舗の円滑な運営を阻害している要因を、事前に予測することが可能となります。
この予測によって、臨店時に重点的にチェックすべき事項が絞り込まれるため、事前情報がゼロの状態で店舗を隅から隅まで回り、スタッフにヒアリングしていくよりも、はるかに短い時間で、正しく現状把握することが可能となります。その結果、臨店時により多くの時間を対策立案やスタッフ指導のコミュニケーションに割くことができるようになります。