cloudpackの事例にリンコムのAWS活用が紹介されました

弊社のAWS活用事例がcloudpackの事例として紹介されました。

弊社のクラウドサービスである「店番長」に日々蓄積されるアクセスログは、サービス継続の糧となる大切な資産です。しかしながら、同時にログは時間経過とともに膨大な量となり、容易に分析することが難しくなります。

そこで、蓄積されたログデータを分析に特化したDWH(データウェアハウス)へ転送し、BI(ビジネスインテリジェンス)上で視覚化して解析するために、AWSのマネージドサービスを使い、安価にかつワンストップで実現したいと考えました。

実現にあたり、AWSのテクノロジーに深い知見を持つ株式会社アイレット cloudpackのみなさまに協力を仰ぎ、AWSの各種サービスを利用した仕組みをスムーズに構築することができました。

具体的に利用したサービス群は図の通りとなります。データベース "Amazon Aurora"から ETL "AWS Glue"を使用してDWH "Amazon Redshift"へデータを転送。その後、BI "Amazon QuickSight"を利用してデータを視覚化し、解析を行います。(一部、データの更新のためにAWS Batchを使用しています。)

弊社ではこれらの仕組みを利用して、より一層「店番長」のサービスが顧客に受け入れられ、革新的なものになるよう邁進して参りたいと思います。

cloudpack_linkcom_glue_case.png

【出典:株式会社アイレット

前へ

社内のコミュニケーションツールを分類できるマトリクス

次へ

オーナーシップを持とう