「店番長」に、エリア・マネージャー、スーパーバイザーを支援する新機能をリリース。

スマートフォンで全店舗の実行力と多忙状況を一括確認。

株式会社リンコム(本社:東京都台東区元浅草、代表取締役社長:野村剛志、以下リンコム)は、チェーンストア企業向け多店舗運営ソリューション『店番長』に、エリア・マネージャーやスーパーバイザーを支援する新機能をリリースする。

miseban_svdashboard.png

■エリア・マネージャー、スーパーバイザーを取り巻く背景

店舗を統括し、複数店舗を支援するエリア・マネージャーやスーパーバイザーは、それぞれの店舗に適切な指導を行う責務を担って活動している。しかし、店舗数が多く、距離が離れていると巡回を行うだけでかなりの時間や労力がかかってしまうという課題がある。
一方で「店番長」は本部やマネージャーから店舗への業務指示を集中的に管理することで、各店舗からの回答をまとめ、全店舗の実行状況をリアルタイムで分析可能にするクラウドサービス。
そこで、この「店番長」に、エリア・マネージャーやスーパーバイザーがスマートフォンを使い、移動中や外出先からでもすぐに担当店舗の「指示件数」や「実行率」を確認できる機能を追加する。

■店舗の指導方針や実施後のフォローに最適な新機能

この機能を利用することで、チェーンストアに所属する全てのマネージャーやスーパーバイザーが、定量的な指標に基づいて店舗の指導に当たることができるようになる。例えば、「未対応の指示件数」から店舗の負荷状況を想定し、訪問前に指導方針を準備したり、訪問後の改善状況を「実行率」によって効率的にチェックしたり、といったことが実現できる。また、期限日を過ぎても実行されていない指示の内容を確認することで、店舗の負担となっている業務を突き止め、改善を進めることができる。

■実行力100%を引き出す仕組みが加速される

一般的にチェーンストア店舗の実行力は「40%」と言われる。
今回リリースされる新機能とそれを活用するマネージャーとのシナジー効果により、店舗の課題が現場目線の距離で解決され、実行力を「100%」まで急速に高められる強力なタッグが構成される。これらの効果により、チェーンストア全体の実行力を高め、売上アップなどの目標を達成できる仕組みが構築される。

この機能は店番長を利用している企業へ2019年9月頃、クラウド環境へのアップデートで提供される。

■店番長について

『店番長』は、多店舗運営に特化した革新的なクラウド・ソリューション。店番長を使って本部〜店舗間の指示や通達をやり取りすることで、チェーンストア運営の数々の課題を解決し、「実行力アップ」や「業務効率化」を実現することができる。

ogp.jpg

■株式会社リンコムについて

株式会社リンコムは、1,000社以上の導入実績を持つグループウェア「リンコム ネクスト」で培ったノウハウを基に、チェーンストア企業向け多店舗運営ソリューション「店番長」を開発し、多くのチェーンストア企業が抱える課題の解決に日々挑んでいる。

【会社概要】
会社名 : 株式会社リンコム
所在地 : 〒111-0041東京都台東区元浅草4-9-14イマス元浅草ビル5階
代表者 : 野村 剛志
設立 :  1997年1月

【お問い合わせ先】
株式会社リンコム 店番長事業部
E-Mail:sales@linkcom.com
Tel:03-5246-6711
Webサイト: https://www.linkcom.com/miseban/

前へ

店舗運営で注目すべき3つのKPI

次へ

理念を追求する会社に近づく