アパホテル、全国220のホテルへ実行力を高める『店番長』を導入

急成長するアパホテルを支える、リテール業界の成功メソッド

株式会社リンコム(本社:東京都台東区元浅草、代表取締役社長:野村剛志、以下リンコム)は、 アパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂、社長:元谷 芙美子、以下アパホテル)が全国220ホテルで、 チェーンストア企業向け多店舗運営ソリューション『店番長』を導入したことをお知らせします。
アパホテルでは『店番長』の活用により、毎週40件以上の業務指示に対して実行率99%以上を維持しながら、本社とホテル双方の生産性を向上し、接客などのコア業務に集中しやすい業務環境を実現しました。

apa-logo.png

■店番長導入の背景

開業ラッシュが続くアパホテルでは、拠点の増加に伴い本社業務が増大していました。またホテルにおいても、指示の確認や報告のためのツールが分散し、接客などのコア業務に集中しづらい状況となっていました。2020年以降も53ホテル、17,680室の開業が予定されており、業務全体の見直しが迫られていました。
そこで、リテールや外食などチェーンストア業界の成功例に着目し、本社-ホテル間で日々行われている業務指示の実行力を高め、生産性を向上させる仕組みとして『店番長』の採用を決定しました。

■店番長導入の効果

アパホテルでは『店番長』を使い、全社的なキャンペーン情報や留意事項など、お客様にかかわるスタッフひとりひとりが把握すべき通達の確認状況をすべて可視化することに成功しました。これにより重要事項を漏れなく伝達できる環境を整えました。
『店番長』は、五輪延期決定の際にも活用され、開催期間中の無償キャンセルを可能とする方針を即座に現場へ周知し、問い合わせが集中する現場において混乱のない対応を実現しました。
また本社では、日々の定型業務について現場への催促に費やす時間を10分の1に削減し、業務生産性を大きく向上させました。

■アパホテル 取締役 小塚智成様からのコメント

業務改善は、常に追求すべきテーマです。『店番長』を全社展開していく過程で、業務の見直しをさらに進めていきます。今、我々を取り巻く環境は激変しています。進化するアパホテルと足並みをそろえて、『店番長』もさらに進化していくことを期待しています。

≫インタビュー動画、詳しい事例資料の配布はこちら

■アパホテル株式会社について

会社名:アパホテル株式会社
創業:1971年4月
事業内容:ホテル・チェーン、レストラン・チェーン、レジャー産業運営事業
従業員数:4,290名(グループ計 4,760名:2020年2月現在)

■店番長について

『店番長』は、多店舗運営に特化した革新的なクラウド・ソリューション。店番長を使って本部〜店舗間の指示や通達をやり取りすることで、チェーンストア運営の数々の課題を解決し、「実行力アップ」や「業務効率化」を実現することができる。

ogp.jpg

■株式会社リンコムについて

株式会社リンコムは、1,000社以上の導入実績を持つグループウェア「リンコム ネクスト」で培ったノウハウを基に、チェーンストア企業向け多店舗運営ソリューション「店番長」を開発し、多くのチェーンストア企業が抱える課題の解決に日々挑んでいる。

【会社概要】
会社名 : 株式会社リンコム
所在地 : 〒111-0041東京都台東区元浅草4-9-14イマス元浅草ビル5階
代表者 : 野村 剛志
設立 :  1997年1月

【お問い合わせ先】
株式会社リンコム 店番長事業部
E-Mail:sales@linkcom.com
Tel:03-5246-6711
Webサイト: https://www.linkcom.com/miseban/

FAXをやめてすごく得した話

前へ

アパホテル様 「店番長」導入事例のご紹介

次へ

AWS上でASP.NETのセッション管理(Amazon RDS for SQL Server 編)